サイボウズLiveのグループ情報・添付ファイルを、Microsoft Teams(Office 365)にかんたん移行

Cybozu To Teams


※お知らせ

2019/03/22 Version1.0.1公開しました。

  • APIの仕様変更に合わせ修正しました。
  • Teamsに一度もログインを行っていない場合、APIを実行できないので、ログインを行うようにメッセージを表示するよう修正しました。

Cybozu To Teamsの特徴

  • 2019年でサービス終了する、サイボウズLiveのグループ情報・添付ファイルを、Microsoft Teams(Office 365)に移行。
  • 当ツールから、Microsoft Teams(Office 365)のチーム・チャネルを新規作成可能。
  • すでにあるMicrosoft Teams(Office 365)のチームに、ファイルをアップロードすることも可能。
  • サイボウズLiveにアップロードされているフォルダ構成のまま、Microsoft Teams(Office 365)にファイルがアップロードされます。


Cybozu To Teams

【移行対象】

  • サイボウズLiveのグループ名
  • サイボウズLiveの共有フォルダ名
  • サイボウズLiveのファイル

※サイボウズLiveのイベント、ToDoリスト、掲示板、メンバー名簿は移行されません。

【想定利用例】

  • サイボウズLive終了に伴い、Microsoft Teams(Office 365)へ移行を検討しており、グループ情報・ファイル移行の作業負担を軽減したい場合
  • すでにMicrosoft Teams(Office 365)を利用しているが、サイボウズLiveの終了に伴い、アップロードされているファイルを既存のチームに退避させたい場合

ダウンロード

Cybozu To Teamsの最新版がダウンロードできます。

バージョン リリース日 サイト ダウンロード
1.0.1 リリース日:2019.03.22 サイト:エクシード・ワン Download from Exceed One

ライセンス

エディション 価格(税抜) 特記事項
無償版 無料 ・サポート対象外です。
※当製品はサポート対象外です。ご利用はお客様ご自身の責任範囲でお願いします。
※別途有償サービスもございますので、ご希望の方は下記のお問い合わせよりお願いします。

マニュアル・ソフトウェアライセンス規約

製品のマニュアル、ならびにソフトウェアライセンス規約は、
以下のリンクからダウンロードを行ってください。

Cybozu To Teams マニュアル

ソフトウェアライセンス規約


動作環境

OS
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows 8.1
  • Microsoft Windows 10
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2012
  • Microsoft Windows Server 2016
.Net Framework 環境
  • .Net Framework 4.6.1

制限事項

  • MicrosoftTeamsへのサインインは、Office365の全体管理者アカウントを使用してください。
  • サイボウズのグループ名・フォルダ名、ファイル名に禁則文字が含まれている場合、または150文字を超えている場合、ツール実行前に、サイボウズの画面から名称を変更する必要があります。
    また、同名ファイルがフォルダ内に存在する場合、更新日時がもっとも新しいファイルのみ移行できます。
  • MicrosoftTeamsにファイルをアップロードする際、ツールにサインインしたOffice365アカウントを変更者としてアップロードされます。サイボウズのファイル更新者は引き継がれません。
  • すでにTeamsにアップロードされているファイルを、再度サイボウズからアップロードする場合、一度Teamsから削除(ゴミ箱に移動)してから、サイボウズよりアップロードを行います。そのため、Teamsのファイルバージョン履歴が失われます。
  • ツールを連続して実施する場合、サイボウズとMicrosoftTeamsのAPIの利用制限が行われる場合があります。その場合、利用時間を置いて再度実行してください。
  • ネットワークの回線状況などにより、ツールが途中で停止する場合があります。その場合、ツールを再度実行してください。停止した時点からファイル移行を再開することができます。