Windowsのフォルダ・ファイル アクセス権管理アプリケーション

ファイル権限デザイナー

【想定業務】
 監視業務中でファイルサーバーの容量不足アラートを検出した。
 ディスクを逼迫しているフォルダやファイルを特定して整理し、空き容量を確保する必要がある。

【状況と課題】
 ハードディスク増設は簡単には行えませんので、不要フォルダファイルを特定し整理する必要があります。
 しかし、Windowsの標準機能では、どのフォルダやファイルが容量を逼迫させているか、全情報を一覧表示して確認することが簡単にできません。

【解決策】
 ファイル権限デザイナーはフォルダやファイルに関する様々な項目を一覧出力(EXCEL出力)できますので、一度の操作で検索を行うことが可能です。

・容量(サイズ)  : 大きなフォルダを検索
・最終アクセス日 : 利用されていないファイルを検索
・拡張子      : 業務に不要な動画、音楽ファイルを検索

 これら情報は一度にEXCEL出力されるので、調査対象ごとに長時間かけてデータ出力処理を行う必要はありません。

①アラート検出
・自動監視システムなどから、ファイルサーバーの容量が不足している旨のアラート。

②調査
・ファイル権限デザイナーでフォルダやファイルの一覧を出力し、不要フォルダやファイルがないか、調査します。

③削除・移動
・不要なフォルダやファイルの整理(削除・移動)を行います。

④容量確認
・ファイル権限デザイナーで再度一覧出力を行い、ファイルサーバーに空き容量が出来たことを確認します。
システム部門にて定期的に一覧を作成し、アラートが発生しないよう事前に作業することも対策の1つです。